革新的な技術が使える!3dスキャンサービスの疑問を解決して便利に活用しよう

3dスキャンサービスは先進的な技術で活用されていますが、その費用は様々な項目から決まります。まず、対象物のサイズです。対象物が大きいほど費用も高くなります。また、対象物の複雑性も大きく関係します。構造が複雑であればあるほど料金がかかりますが、その基準は3dスキャンサービスを提供する企業によって異なります。もちろん対象物の数量によっても変わりますし、3dモデルの精度と解像度にもよります。3dスキャンサービスを利用する際には、こうした料金の把握は必須であるといえます。

3dスキャンサービスって何のこと?

3dスキャンサービスは、わかりやすく平たく言って、どんな内容のサービスを提供しているのでしょうか。3dスキャンサービスが提供するのは、物体の形状データの取得と、使用目的に合わせて変換したデータの納品が主な内容です。最終的に3dプリンターで出力する用途には、プリンターのデータ形式に合わせて変換されたデータが納品されます。製造分野では金型の設計に3dデータが活用されています。形状の読み取りに専用の機械が必要なので、サービスを利用する際には、対象物を受託会社に送るのが基本です。工場設備など移動ができないものが対象の場合は、出張に対応するサービスを探して依頼することになります。美術館や博物館では、劣化した展示物の修復や盗難防止に役立てられています。オリジナルの形状を元に大量生産する、量産にも活用されることがあります。形状データの応用範囲は広いですから、幅広い分野で活用が行われているのも納得できるのではないでしょうか。

3dスキャンサービスは個人でも依頼できるのか

3dスキャンサービスは、法人以外でも依頼することができるのです。 近年の技術の進化により、3Dスキャンサービスは一般や団体にも広く提供されています。法人だけでなく、個人のニーズにも対応できるようになったのです。 一般人が3dスキャンを利用する場合、様々な用途が考えられます。例えば趣味として、自分や家族の写真やモデルを3Dデータ化して記念に残すことができます。3Dプリンターを使用して、自分の好きなデザインのオブジェクトを作成することも可能です。さらに、個人がアーティストやクリエイターであれば自分の作品を3Dスキャンしてデジタルデータ化し、クリエイティブな活動に利用することも考えられるのです。 法人以外の団体や団体も同様にこれを利用することができます。学術研究や文化遺産の保存といった目的で、建築物や工芸品、歴史的な遺物を3Dスキャンしてデータベース化することが行われています。また、教育機関や博物館などでも展示物や実験用のモデルを作成するために3Dスキャンが活用されています。 3Dスキャンは専門知識を持つ技術者によって提供されることもあれば、一部の場合では自宅で簡単に行えるような手軽なサービスも存在します。

3dスキャンサービスは物だけでなく人物も対象物になる

3dスキャンサービスによっては、物だけではなく人物も対象にすることができます。一般的には3dスキャンといえば物に利用するもので、その姿形を再構成したり、検査したりといった用途を思い浮かべるでしょう。しかし人物もスキャン可能なサービスを利用すれば、さらにその用途を広げることができるようになっています。3dスキャンサービスによる人体のスキャンは、主にフィギュアの造形やアバターの作成などに利用されています。ファッションのオーファーメイドの作成や人体の検査、詳細な模型の制作などにも使用することができるでしょう。精度の高い3dスキャンは驚くほど精密なフィギュアを作成することができるため、治療にも役立てられています。もっともわかりやすい用途にはやはりアバターやフィギュアでの利用が存在しており、映画などの作品でも活躍しています。スキャンした人体を3Dアニメーションにする、アバターやキャラクターにするなどの使い方も可能です。

3dスキャンサービスが利用出来る対象物と出来ない対象物

3dスキャンサービスは、形状や特性によって利用可能なものと不可能なものがあります。一般的に固体物体や立体的な形状を持つものに適しています。利用可能な物は建物や像、彫刻、工業製品、アート作品、人体部位などが挙げられます。これらの対象物は3dスキャナーによって高精度なデジタルモデルに変換できます。建物の場合内部と外部の詳細を捉えることができ、建築設計や文化遺産保存に利用されます。彫刻やアート作品の場合、芸術家がデジタルアーカイブを作成したり、3Dプリントしたりすることが可能です。工業製品はデザインプロセスや製造において、正確な寸法や形状を把握するのに役立ちます。人体部位のスキャンは医療やリハビリテーションの分野で用いられ、カスタムフィットの医療機器やプロテーゼの作成に役立ちます。一方3dスキャンには限界があります。透明物体や反射率の高い表面、光を吸収する黒色の物体などは、スキャナーによる正確な表現が難しい場合があるのです。非常に小さな対象物や非常に複雑な形状も、適切なスキャン方法が見つけにくいか、精度が低くなることがあります。

3dスキャンサービスの料金はどう決まる?

3dスキャンサービスの料金は、いくつかの要素によって決まります。3dスキャンする対象物のサイズが、小さな物よりも大きな物のほうが、かかる時間や処理が増えるため、金額が高くなる可能性が高いです。形状などがより複雑なものになる場合も影響し、複雑になれば多くのデータが必要になり処理に時間がかかるため、高額になる場合があります。スキャンされたデータがどのような用途で使用されるかも影響し、商業用途であれば、より高精度なスキャンが必要になるため高額請求される可能性があります。複数の対象物を一度にスキャンする場合は、数量割引や割引が適用されることがあるため、総費用を抑えることが可能です。スキャンに使用する機材や技術の性能や精度も異なります。最新の高性能な機材や技術を使用する場合は、料金が設定されることがありますし、提供会社によって金額やオプションサービスが異なるため、事前に調査や比較を行うことが重要です。

3dスキャンサービスの納期はどれくらい?

3dスキャンサービスの納期は提供元によって異なります。急ぎの場合は1営業日程度で完了することも多く、スピーディな納品を期待することができるでしょう。できるだけ早く3dスキャンを終えて欲しい場合には、急ぎの納品を受け付けているサービスを探すことも重要になっています。一般的な方法として、3dスキャンサービスでは、クライアントから依頼を受けたアイテムのセッティングから行います。スキャンがしやすいようにセッティングをしたら、3dスキャナーで読み取りを行なっていきます。リアルタイムで確認をしつつあらゆる方向からスキャンを実施し、次の段階では読み込んだデータの編集を行います。不要部分の削除やデータの編集、変換と補正などを終えたら完成です。急ぎの納品に対応できるかどうかはサービスごとに変わり、追加料金が必要な例もあるため注意しましょう。データの形式によっても、対応できる納期に違いが出る可能性があります。

3dスキャンサービスで対象物に傷や汚れは付かないのか

3dスキャンサービスを利用する場合、対象物に傷や汚れは付かないのか、それが気になることの1つではないでしょうか。傷や汚れが付くかどうかは、3dスキャンサービスが使用しているスキャナーの種類によります。接触型は対象物に物理的に触れて形状を読み取るので、接触時に傷が入ったり、付着物が発生することは否定できないです。接触するセンサーは軽く触れるだけなので、目立つ傷が入る可能性は低いです。対象物の材質によっては、軽い接触でも傷が入ってしまうことも考えられます。対象物を傷付けたり汚す心配がないのは、非接触型の3dスキャナーです。光やレーザーを使って形状を読み取りますから、触れる必要がなく、ダメージが入る心配がないです。3dスキャナーが非接触型であっても、対象物の保管や移動に不手際があれば別です。完全に人の手が触れないのは不可能なので、サービスの利用を検討する場合は、評判が良くてトラブルに関する口コミが見当たらないサービスを選ぶのが無難ではないでしょうか。

3dスキャンサービスを依頼する対象物は掃除しておくべき?

3dスキャンサービスで使用している機器の精度は年々向上しており、高いものでは99%を超える製品も登場しています。そこでサービスを依頼する時には、対象物は掃除しておくことがおすすめです。高精度のスキャナーが表面に存在している微細な埃さえも的確に捉えて、3dデータとして反映されてしまうことから、必要のないものは取り除いておくのが賢明です。やわらかい布で軽く拭き取って済むのならベストですが、それでも無理な場合は素材を傷めない範囲でエタノールなどの速乾性の高いもので洗浄し、直後には乾拭きをしてダメージを最小限にします。それでも微細な埃が残ってしまった場合には、マイクロファイバークロスなどを使用して拭き取ったり、エアーダスターを使用して空気で吹き飛ばすなどします。ここでの徹底的な下準備により、精度の高いデータを取得することが可能になります。3dスキャンサービスのやり直しとなればコストも高くつくことから、出来る限り少ない回数で完了させたいところです。

3dスキャンサービスは出力もしてもらえるのか

3dスキャンサービスは対象物をスキャンし、パソコンに取り込めるデータを作成します。作成されたデータはもちろん依頼者に納品されて自分のものとして扱うことが出来ます。しかし、3dデータの出力とはデータに則って立体物を造形することを指し、これはスキャンサービスではできません。立体物の造形はスキャンではなくプリントであり、スキャンの範疇を超えるからです。そのため、3dデータを立体物として出力したい場合は、プリントサービスを行っている会社に納品されたデータを送り、3Dプリントしてもらうという手順を踏むことになります。一方で、3dスキャンのサービスを提供している会社によってはプリントサービスも並行して行っていることもあります。こういった企業に依頼すればデータからそのままプリントしてもらうことが可能なだけでなく、リサイズや設計の変更も行ってくれる場合もあり、別々の会社に依頼するよりも費用や納期がかからないというメリットがあります。

著者:横川幸正

筆者プロフィール

神奈川県横浜市出身の32歳。 仕事柄、3dスキャンサービスをよく利用しています。 ここでは3dスキャンサービスの疑問を解決していきます。
3d スキャンサービス